「未分類」カテゴリーアーカイブ

バイナリーオプションの勝ち方とは?

やはりバイナリーオプションを開始出来たのに、結局利益は残らずマイナスばかり。そのようなのは困ってしまいますよね。コツコツと勝ちを重ねてきたのに、一回のミスで大きく財源を減らしてしまったり、負けを引きずって更にマイナスを増やしてしまったりと、そのような事が続いているのであれば例え如何なるに勝てる技術を身につけていたとしても利益を残す事はハードルが高いでしょう。実のところに私も、調子が良い時に賭け金を無意味に高くしたり、負けを取り戻したくて躍起になってベット代金を増やしてしまったりした事で、証券口座に入れたお金を0にした事が何回もあります笑こういったマイナスな経験ばかりだと、「バイナリーオプションは自らには向いてない」とか「詐欺だ!」なんて言いたくなるかもしれません。

ですが、バイナリーオプションはギャンブルと言われる事が多々あるですが、びしっとした元金管理やそこそこの勝率を維持する事で充分に利益を残せる出資です。バイナリーオプションで利益を出すための最低限の勝率が分かったところで、続いて気に掛かるのは如何にやって勝率を上げるかだと考えます。普通にバイナリーオプションは上に上がるか下に下がるかの二択なので、適当にエントリーしたとしても単純に計算すれば50%の勝率になります。50%であれば大きく元金が減る事は無いのですが、そこまでしてもそれ以上の負けが続き、ロスがどんどん大きくなってしまう方もいます。よく嵌りがちになるのは、勝っているトレーダーが使ってたり、推奨されているインジケーターがあるから自身も入れてみようという感じで、チャートにどんどんインジケーターを付け足ししていき、結局取引のときに見るものが多すぎて余分にエントリー出来なくなったり、勝率が下がったりする事です。

勝っているトレーダーも多くのインジケーターを見ているわけではなく、実際に不可欠なものしか表示させていません。一例を挙げれば置き換え平均線と意識されているラインしか表示させないで勝ち続けているトレーダーもいるくらいです。大事な事は、真っ先に自らにとってトレードしやすいインジケーターやインジケーターのまとめ合わせを1つ見つけてそれを徹底的に極めていく事です。如何なる時が弱点になって、どういった時に有効になるのか?例を挙げると趣向時価に役に立つのか、レンジ時価に強いのか?時帯別でもどの時が勝ちやすいか、どの曜日が勝ちやすいか、月初が勝ちやすいのか、月末が勝ちやすいのか・・・などなど徹底的に調査していく必須があります。