株式投資を始めるタイミング

貯蓄から投資へと叫ばれるようになってかなりの期間が経ちました。しかしながら現在の日本社会で貯蓄から投資へどれだけのお金が流れているかと言えばまだまだ政府が想定しているレベルには達していません。 実際にこれは仕方のないことです。なんといっても終身雇用も確保されることもなく、ベンチャービジネスを起こしたとしてもいちど失敗した際にやり直しがなかなか来にくい、教育費や住宅ローン、車の費用が高いこともあって生活に余裕ができないといったマイナスの要素がまだまだ多いからです。もちろん、団塊世代が多くの資産を持ち合わせている以上この世代に関しては投資はどんどん進んでいます。そして、団塊世代が持っている資産をいかに団塊ジュニアに引き渡すことができるかと言う政府の政策も進んではいるのですがどうしても冒頭に記載した通り、未来を見越した上では投資に回すべきかどうかが判断できないと言うことで貯蓄、もしくは目先の投資に終わってしまうことが現状の課題だと思います。 ではこのような現場がある中どのようにすれば投資が進むのでしょうか。 まずは、環境が整いつつある中で株式投資を小額でも良いからスタートすることをお勧めしたいと思います。例えば最近では、ポイントサイトやアンケートサイト、携帯電話の通信キャリアのポイントを投資に回す仕組みまで生まれています。小額でスタートできることがポイントであり、自分自身が株式投資に対して興味を持つためには有効なスタートポイントだと言えるでしょう。  まずは、環境が整いつつある中で株式投資を小額でも良いからスタートすることをお勧めしたいと思います。例えば最近では、ポイントサイトやアンケートサイト、携帯電話の通信キャリアのポイントを投資に回す仕組みまで生まれています。小額でスタートできることがポイントであり、自分自身が株式投資に対して興味を持つためには有効なスタートポイントだと言えるでしょう。そして次に行うべきは自分自身のマネープランやライフプランを数年ごとに見直すことです。実際に株式投資を行うにあたっては生活に影響与えるような資金に手をつける事は非常にリスクを伴います。何といっても株式投資に100%はなくリスクが伴うからです。だからこそ客観的に、例えば保険の外交員やファイナンシャルプランナーに自分自身のマネープランやライフプランをチェックしてもらい投資に回せる金額がどれだけあるかをチェックしてもらうことが重要になってきます。そしてここまでできれば、小額からでも構わないので株式投資をまずは始めてみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*